about

【MAHOROとは】 “やさしさ”を作る “やさしさ”と暮らす ”MAHORO”はルワンダ語で「平和」 マホロのハンドメイド作品を使ってくださる方やルワンダの人々、そして地球環境にとっても優しい世界でありたい。そしてもっと心を自由に自分だけのライフスタイルで日々を楽しんで欲しい、という願いを込めています。 アフリカのルワンダで制作をしております。 遠いアフリカの国”ルワンダ”を少しでも身近に感じていただけたら嬉しいです。 【みつろうラップとは?】 何度でも繰り返し使えるエコラップ。 コットン布にみつろうを染み込ませた食品保存用のラップです。 手の温かみで形をととのえ、ぴったりと包み込むことができます。使用後は水で洗って繰り返し使うことが可能。みつろうには抗菌作用があるため、食品の鮮度を長持ちさせてくれます。 エコ、持続可能、ゼロ廃棄物:再利用可能なみつろうラップで使い捨てプラスチックの使用を出来る限り減らし、地球にやさしい生活を。 【MAHOROみつろうエコラップについて】 日本から約11,700キロほど離れた東アフリカに位置する内陸国のルワンダ。 国土は山岳地帯に覆われ緑豊かな国です。 使用しているみつろうは、ルワンダにある養蜂農家さんから仕入れたものです。 MAHOROのみつろうエコラップには、ルワンダの人々も愛用しているアフリカ布「アフリカンワックスプリント」を使用。MAHOROみつろうエコラップを制作しているルワンダでは「キテンゲ」と呼ばれ、多くのルワンダ人が洋服やバックなどに使用し愛されています。 アフリカ布は明るい色や大胆なデザインを使った柄が多く、アフリカの明るさ、元気さなどの魅力を伝えたいと思い使用しています。 そして布のコーティングに使用しているのは、ルワンダで採れたみつろうとマカダミアナッツオイル。自然豊かなルワンダからの恵みです。 魅力の詰まったアフリカ布のみつろうラップでキッチン周りを明るくして、ルワンダとの繋がりを感じていただければ、大変嬉しく思います。 *「MAHOROみつろうエコラップ」はオーガニックコットンではありません。